本文へスキップ

○○で子どもの成長を見守ります。○○区○○○町、

宅建合格対策サイト    
宅建とは?

ホーム>>宅建とは?





【宅建とは?】
宅建とは、一般に宅地建物取引主任者資格試験(以下、宅建試験と略す)や宅地建物取引主任者(以下、宅建主任者と略す)のことを言います。

また、宅建主任者は、土地や建物等の不動産の取引・代理・仲介に重要な役割を果たします。

2015年4月1日から『宅地建物取引主任者(宅建主任者)』という名称を『宅地建物取引士(宅建士)』という名称に変更。

主な変更点
・名称の変更(宅地建物取引主任者→宅地建物取引士)
・宅建業者の教育
・欠格事由に暴力団員の追加
・信用、品位を害するような行為の禁止
・宅地、建物の取引の専門家の目的

【宅地建物取引業法】 第一条 昭和27年制定
この法律は、宅地建物取引業を営む者について免許制度を実施し、その事業に対し必要な規制を行うことにより、その業務の適正な運営と宅地及び建物の取引の公正とを確保するとともに、宅地建物取引業の健全な発達を促進し、もつて購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化を図ることを目的とする。


【宅地建物取引主任者の魅力】
①多くの企業で宅建主任者に多額の資格手当てを出しています。その理由として、土地や建物等の不動産の取引・代理・仲介をする際に必ず、宅建主任者が重要事項の説明しなければなりません。さらに、宅地建物取引業者は、各事務所ごとに最低1人、5人に1人以上の割合で専任の宅建主任者を置く必要があるためです。

②起業(独立)、就職、転職に多いに有利です。その理由として、①と同様、重要事項の説明、業者としての人員確保のためです。また、多くの方が独立し、起業しています。(実際に自ら不動産を持つ必要がなく仲介・代理手数料だけでも、十分です。)

③当然、貴方が土地、建物を賃借・取得する際に役に立ちます。
宅建試験合格者なら当然、土地、建物の知識がありますので、残り物件をつかまされるような心配はありません。

④資格は、一生有効です。とりあえず資格があれば、日本の法律は、資格社会のため、いざという時に活用することができます。

⑤社会的な地位がちょっと向上し、世間体が良くなります。(実体験)

また、社会生活において、不動産(土地、建物)は、存在しなくては、生活が成り立ちませんので、不動産の知識を付けておくことは、非常に重要です。



ナビゲーション