本文へスキップ

○○で子どもの成長を見守ります。○○区○○○町、

宅建合格対策サイト    
宅建試験 各項目を確認し、試験のコツをつかみましょう。

ホーム>>宅建試験 各項目





【宅建試験 各科目】
宅建試験は、大きく分けて4分野から成り、計50問出題されます。
なお、平成21年度より、下記のように各科目の出題数が変更しています。

No. 科目 出題数
1  権利関係 14問
2 法令上の制限 8問 
3  宅地建物取引業法 20問 
4 その他の分野(税金2問)  8問 

 

【権利関係】
権利関係は、4つの科目の中で、初心者にとっては一番難しいでしょう。また、他の分野と違い、急に知識が増えるものではないので、日々の積み重ねが重要です。逆に他の分野については、直前に追い込みが聞くので、受験者は、そこそこの得点を確保してくると思われるので、権利関係が合否が決まると言っても過言ではありません。
1ヶ月間集中して勉強すれば、必ず、道は開けてくるでしょう。

 

【法令上の制限】
法令上の制限は、専門用語をしっかり勉強すれば、頭にスムーズに入ってくるでしょう。また、暗記科目ですから、オリジナルのゴロ合わせを作って勉強するのも効率的な勉強法の一つとなるでしょう。

 

【宅地建物取引業法】
宅地建物取引業法は、4つの科目の中で、一番易しいでしょう。しっかり身に付けて、満点を目指せる項目です。この分野が苦手だと合格への道のりは、険しいでしょう。

 

【その他の分野】
その他の分野は、定番の問題(税金関係)や一般常識(土地・建物)等の問題が出題されます。まずは、基本をしっかり学んで過去問題を解いていけば身に付くでしょう。



ナビゲーション