本文へスキップ

○○で子どもの成長を見守ります。○○区○○○町、

宅建合格対策サイト
宅建 用語集で力をつけよう。

ホーム>>宅建 用語集≫あ行





【宅建の用語集(あ行)】

用語 解説
悪意 ある事実について知っているということを示す。
遺言 先人の残した言葉。 いごん、ゆいごん
委任 当事者の一方が一定の法律行為の事務処理を委託し、受任者がこれを受諾することによって成立する契約。 
違約金 債務の不履行等があった場合に支払う旨を、債務者が債権者にあらかじめ約束した金銭。
遺留分 一定の相続人のために、法律上必ず残しておかなければならない遺産の一定部分。これを受ける権利のある者は、被相続人の直系尊族・直系卑族および配偶者であり、兄弟姉妹にはその権利はない。
請負 当事者の一方(請負人)がその仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を与えることを約する契約。請負契約。
永小作権 長期間耕作または牧畜をするために、小作料を支払って他人の土地を使用する権利。
援用 自己の利益のためにある事実を提示し主張すること。



用語集目次

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行 
ら行  わ行 



ナビゲーション